ナイアガラの滝に来たら体験したいアトラクションやおススメスポットの紹介

ナイアガラの滝はアメリカとカナダの国境に落ちる滝です。自然の猛威を体感できる場所として多くの観光客が訪れるスポットとなっています。ナイアガラの滝は実は1つではなく、アメリカ滝とその支流のブライダルベール滝、カナダ滝の3つの滝の総称がナイアガラの滝です。現地では「ナイアガラフォールズ」と呼ばれています。ナイアガラの滝の誕生は1万年前頃と言われています。溶け出した氷河が激流となって大地を削り、大自然の芸術を創り上げました。滝の発祥点は現在のナイアガラの滝の位置よりも11キロ下流で、1年に1メートルの速度で後退し続けていました。現在は落水量をコントロールするゲートによって年間3センチの後退に抑えられています。アメリカとカナダの国境に位置するナイアガラの滝は、レインボーブリッジでアメリカととカナダをつないでいます。税関が設けられていてパスポートを提示すれば歩いて行き来できます。
ナイアガラとニューヨーク日帰り格安

ナイアガラの滝の服装

ナイアガラの滝に来たら是非体験したいアトラクションはアメリカ側にある「霧の乙女号」の乗船です。船に乗ってカナダ側へ向かい、滝壺の寸前にしばらく停留し、滝しぶきを浴びることができます。防水のカメラでも撮影できないくらい水の抵抗がすごく、痛いくらいの水しぶきです。アトラクション感が半端ないのでおススメです。乗船時間は30分ほどです。また、滝に打たれるアトラクションもあります。アメリカ側から滝に最も接近できる「風の洞窟ツアー」に参加します。エレベーターを降りて洞窟を抜けると激しい水しぶきを浴びながら、岩場に組まれたデッキを歩き、滝までわずか6メートルの観爆台を目指します。ナイアガラ滝の絶景ポイントは、アメリカ側はカナダ滝を最も近くで眺められる「テラピンポイント」がおススメです。上から見下ろす感じで流れ落ちる大量の水を間近に感じることが出来、何か所から滝が見れるビュースポットとなっています。カナダ側の絶景ポイントはテーブルのように張り出している「テーブルロック」です。滝の轟音や飛沫を間近に感じることができます。テーブルロックから参加できる「ジャーニービハインドザフォールズ」は滝の裏側を見ることできます。専用のエレベーターで40メートルほど降りると2つのトンネルがあり、カナダ滝の裏側を覗くことが出来ます。他のどのアトラクションよりも滝に近づくことが出来、水しぶきを浴びながら滝を見上げることができるビュースポットとなっています。
ナイアガラの滝の服装詳しくみる

観光案内所やレストラン、お土産屋さんが入った複合施設があり、その中にあるナイアガラの滝の歴史を映像で鑑賞できる体験型アトラクション「ナイアガラズフューリー」に立ち寄るのもおススメです。晴れた日はナイアガラ滝と日光が合わさって「虹」が現れます。船上や展望台などあらゆる場所で綺麗な虹を見ることができます。虹をより綺麗に見えるタイミングは天気が良く、太陽が少し傾きかけた午後がおススメです。滝全体に大きな虹のアーチがかかることもあり、ナイアガラの滝に来たら是非撮影して欲しいです。ナイアガラの滝のベストシーズンは6月から8月頃です。滝の水量も多くなっているので圧倒的な景観を楽しむことができます。気温はやや涼しいですが30度を超えることもあります。9月下旬ころから紅葉が始まり、12月から3月は雪が降って滝の一部が凍るので観光客が少なくなります。ナイアガラの滝にはさまざまな見どころがあり、1日でゆっくりと十分楽しめる観光スポットと分かります。

ナイアガラの滝への行き方

ナイアガラの滝へバッファロー空港から行く方法が便利です。
こちらのサイトをご参照ください。
ナイアガラの滝からバッファロー空港への行き方